<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

我が家の主夫料理01!     My husband's cooking!01

煮物を作ろうと思って干ししいたけを水で戻しておきました。
だから、買い置きした材料は、鶏肉、レンコン、里芋、ごぼう、にんじんなどです。

I reconstituted dried shiitake mushroom with water
for cooking a food boiled and seasoned.
So, I laid in a piece of chicken, a lotus root, a packet of taros,
burdocks and carrots.

ところが、わたしが用事を済ませて家に帰ると我が家の“主夫”料理が
準備されていたでは、ありませんか! 

But then I returned home from did my business,
my husband’s cooking has been a supper's ready!

わたしが作ろうとしたものは、どう変わったと思う?

What do you think about that kitchen stuff was turning into
its form from my cooking plan?

*スープ_干ししいたけの戻し汁ポタージュスープ
Soup_ Used above water reconstituted shiitake mushroom Potage Soup.
c0095308_22415221.jpg


*チキンソテー田舎風
Chicken sauté of provinciality_ a piece of chicken, a lotus root, taros, burdocks and carrots cut a bite size and then did sauté with olive-oil.
c0095308_22423194.jpg


*押し寿司 _甘辛く煮付けたしいたけ入り 甘酢みょうがのせ
Cased Sushi_ seasoned shiitake mushrooms with soy sauce and sugar was sandwiched between pressed vinegar rice. Topping with pickled sweet myoga-ginger.
c0095308_2243777.jpg


*牛蒡サラダ
Burdocks salad
c0095308_22433431.jpg



◇我が家の主夫のような機転はきかないけれど、
休日でもない限り わたしが毎日作りますョ。

I would have cooked everyday, but I could not have a ready wit as like he did, unless he stays at home on a holiday.

c0095308_225416.jpg

[PR]
by mtm-am | 2006-11-21 22:55 | dishes | Comments(12)

わたしのワインリスト 06     my wine list 06

c0095308_091461.jpg


日付;11月11日(土)
名称;ドメーヌ・マズール 1995
生産地;フランス (コート・ドゥ・ローヌ)
品種;グルナッシュ、カリニャン、サンソー

何を買うべきか迷ったときは、“コート・ドゥ・ローヌ”
というのもリーズナブルで品種も複雑なので、飲むたびにいろいろ、楽しめるからです。

今回はいつものそれの味ではなかったような・・・。さっぱり、し過ぎの感あり。

確か、シラーの品種が入っているものもあって そのほうが私の好みです。

ラベルでは;(日本語で)“ドライフルーツの風味、熟成による甘味のある果実性、滑らかな口当たりの熟成感が楽しめる味わい”と書いてありました。


Date; Nov.11 (SAT) Domaine A. MAZURD & Fils 1995

Products; FRANCE; (CôTE DU RHONE)

Variety; Grenache, Carignan, Cinsaut

Whenever we have been troubled about a wine what we select,
then we choose “CôTE DU RHONE”.
As the reason we are happy to be its reasonable price and enjoy mixed grapes as often as we taste its variation.

I like rather it contained Syrah(Shiraz)one.

¥2.415



c0095308_095950.jpg

日付;11月16日(木)
名称;ボージョレ ヌーボー 2006, ボージョレ ヴィラージュ ヌーボー 2006
生産地;フランス (ボージョレ)
生産者;シャトー シャテラール
品種;ガメイ

新し物好きの日本人には、たまらなく、待ち遠しいものです。
我が家も結婚記念日は忘れてもこれだけは、毎年欠かしたことがありません。^^
華やかな香りと酸味が、身も心もリフレッシュしてくれます。

Date; Nov.16 (THU) Beaujolais Nouveau 2006, Beaujolais Villages

Nouveau 2006

Products; FRANCE; (Beaujolais) CHÂTEAU DU CHATELARD

Variety; Gamay

We, Japanese love a new thing, a new year, a new spring, a new fashion and Beaujolais nouveau.

Like many others, we have never forgot Nov. the third Thursday even if we would done our wedding anniversary.
Whose Bouquet and whose acidity refreshed our bodies and heart!

Nouveau; ¥2.480
Villages Nouveau ¥2.800

新聞では・・・in the newspaper
[PR]
by mtm-am | 2006-11-17 00:20 | French wine | Comments(0)

ある日の午後     an afternoon

ナチュラリスさんのところに、行ってきました~!
アロマテラピーのサロンをやってらっしゃるので、
作品展のはがきを置いていただこうと思ったので、
トリートメントを受けたわけではないの^^

I’ve been to “naturalis” where is the salon of aromatherapy. 
Not that I had a treatment,
I put the direct mails of our group exhibition at there.

c0095308_2255795.jpg


快く、引き受けてくださった、ナチュラリスさん、本当にありがとう!

Hi “naturalis”, thank you so much to have been willing
to accept my request!

そればかりか、とても おいしいお茶までいただきまして、ご馳走さまでした・・・!
8月にドイツに研修旅行に行かれたときに修道院で買ったハーブ・ティーだそうで、
おいしくておいしくて、高価なものを、ガブガブ(馬みたいに)5~6杯飲んでしまいました。
(お恥ずかしい、、、)

Besides, she gave me herbal tea which she bought at the monastery
in this August visited Dutch.
It seemed to be expensive and valuable thing.
Which was tremendously delicious,
therefore I guzzled (as if I was a horse) five or six helpings cup of tea.
(Oh~! I’m ashamed for having done so…)
c0095308_22554985.jpg


気を取り直して     collect myself
[PR]
by mtm-am | 2006-11-08 23:06 | other | Comments(6)

ずわ     ZUWA

c0095308_21215949.jpg


わたしの田舎のほうの煮物なのですけど、“ずわ”と 言うんです。

近所の寄り合いの時などに作られる事が多いようです。

どういう 字 を書くかわからないんですけど、思い出したので、
鍋のまま、写真に収めました。

味付けは、筑前煮に似ています。鳥ではなく豚を使う、最後に
長ネギのぶつ切りを入れて 香りを付けるのがポイントだそうな・・・

Around my hometown’s cooking which is called “ZUWA”.
That is boiled and seasoned with sake, sugar and soy sauce.

That is said to have cooked in the case of the neighborhood’s meeting.

I don’t know ZUWA what script of Chinese character called Kanji we can understand the meaning with seeing its form.
[PR]
by mtm-am | 2006-11-04 21:33 | dishes | Comments(6)

わたしのワインリスト05     my wine list 05


最近はリーズナブルな フランスワインも、増えたように思う。
I think a reasonable French wine has increased recently
at the wine shop in Japan.

c0095308_1416166.jpg


日付;10/28(土)
名称;シャトー ドゥ ロウ 1995
生産地;フランス (グラーブ ド ヴァイル)
品種;カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨン、マルベック、
   プティ・ベルド、メルロ

飲んで識別できたのは、カベルネ・フランが強い、ぐらいで、
カベルネ・ソーヴィニヨンは入ってたんだー・・・
マルベック、そうかぁ、グラーブ周辺だからね、、、情けないソムリエ気取り (エヘ)

テイスティング;おいしかった、けど、ミディアム・ボディという点で
        ちょっと、物足りなさも残る。(濃いのがいいのではないけど)

ラベルでは;Apellation d’Origine Contrôlée (原産地管理呼称)なるものが
      書いてあると、そこそこ、信用してしまうわけです。

Oct.28 (SAT) CHATEAU DU LAU 1995
FRANCE; Graves De Vayres (A.O.C)
Cabernet-Fran, Cabernet-Sauvignon, Malbec, Merlot, Petit Verdot

I recognized Cabernet-Fran, but I didn’t find the other bleeds at all.
It was not written many things in the French wine’s label though, I was believed its level by A.O.C (Apellation d’Origine Contrôlée)
¥2.520

c0095308_1417338.jpg


最近は、どうしても、オーストラリア、カリフォルニア、スペイン、チリ
などのワインが気になります。
I have been very interested lately in the wines of Australia, California, Spain or Chile.
 
日付; 10/29(日)
名称; ブリュット ドゥ ブリュット アローフィールド (年表記無し)
生産地; オーストラリア (アッパー ハンターバレー)
品種; ピノ・ノアール、シャルドネィ

ブリュットと書いてあるので発泡性に注意して栓を抜きましたが、
意外と弱かったので、かなり飲みやすいです。
アローフィールドはシドニーより北に200kmの位置にある
ハンターバレー最大級のワイナリーだそうな・・・
ワインだけでも、オーストラリアに限らないけど地図が楽しめますネ。

Oct.29 (SUN); Brut de Brut ARROWFIELD (unknown year)
Australia; Upper Hunter Valley
PINOT NOIR, CHARDNEY

My husband drew carefully a cork as it was written “Brut de Brut”, however it was smoothie so that was a weak sparkled.
ARROWFIELD is the largest winery in Hunter Valley placed the north of 200km from Sydney.
Not all Australia we can enjoy the MAP of only wine!
¥2.120
[PR]
by mtm-am | 2006-11-01 14:22 | Australian wine | Comments(2)