<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

わたしのワインリスト 64     my wine list 64

日付;2013年 11月21日(木)
c0095308_1222958.jpg

名称;フランソワ フーシェ ボジョレーヴィラージュ ヌーボー 2013
生産地;フランス / ブルゴーニュ ボジョレー地区
生産者;フランソワ フーシェ
品種; ガメィ 100%

Date; November 21,2013(Thu)
Name; François Fouchè Beaujolais-Village Nouveau 2013
Products; France / Bourgogne
Winemaker; François Fouchè
Variety; Gamay 100%
Price;¥1,680

以前は・・・(いや、大昔は^^かな) 11月の第3木曜日が、相当待ち遠しかった~~

酒屋さんにワインらしいワインが並んでいることが少なく・・・
開けてびっくり、かび臭いワインとか・・・^^; 澱がどろどろのワインとか・・・
うそだと思うでしょうが、35年くらい前は、ハズレはまだ あったんです;;
なので、新鮮な・・・ 芳醇な香り と 飲み口さっぱり のワイン、
これが、ボジョレーヌーボー という その当時は 高級ワイン!
だって、4000エンとか支払っていたわけですから^^ ほとんど、関税;;


今は、バブル景気時代の異常さは、さておいて、どんな小さな町の酒屋さんでも、いつも、
そこそこの 飲みやすいワインが並んでいます。
ボジョレーヌーボーだって、ペットボトルで、安く飲めるようになりました。

我が家も どこそこのヌーボーなどと、色めくことなく 大型スーパーで手ごろ~なものを!^^
一週間が過ぎて、11月の第4木曜日は Thanksgiving Day (感謝祭)なんですってね。
全然、関係なく^^ きょうは、PET入りロゼと白 どちらかを試してみます^^
今しか 味わえないワインに・・・感謝!

c0095308_12223291.jpg

[PR]
by mtm-am | 2013-11-29 12:26 | French wine | Comments(0)

入館証     Exhibitor pass

アレキサンドラ・パレスの入館証

c0095308_12403561.jpg


搬入日で、ごった返す わけのわからない荷物と 大勢の人々。

主催者が、一番、恐れているのは、見過ごしてしまう危険物の持込みです。

そういう理由から、バーコードの付いた入館証が必要とされます。

出品者は、指定されたサイトから、住所や同行者や諸々の事項を記入して送ると、
すぐ、“これは略式のもので、パスはショーの2週間前に送ります”というメール。

その通り、開催日の10日くらい前に、郵送で送られてきたのでした。
が、一緒に申し込んだ他の二人分が入っていて私の入館証がはいっていません!

私の住所に送ってきて、何よ・・・!
と、思いまして、すぐ、封書の送り主にメールしましたが返事はなし!

担当者も、申し込み、リーフレットの案内、ディスプレイ、会場、搬入などなど、その度に変わるので、
誰に どのように聞いたらよいのかさえ、わからない状態・・・

あせる!他人を疑う前に、もう一度申し込みのサイトから自分の記入を見てびっくり!

You have ordered passes for the following people
“あなたがパスを申し込んだ人”に自分の名前がない!

そうだった・・・!本ちゃんのパスは2週間前にメールで送ります、だと思っていて、
すでに 略式は受け取っているので、
orderのチェック に、自分を入れてなかったのです!

なぜか、そのとき、すごく考えてチェックを入れなかったことを覚えていました^^

すご~く考えたことは はずれ でした!^^;

今、間違いに気づきました!とメールをしたら、すぐ、送ります!と、担当者からメール。

無事、出発の3日前に受け取ることができたのでした~^^v

そして、搬入の当日。

開館前で錠が下ろされていて受け取るはずの
Welcome Packを受け取る場所に行けないで困って、 
館内を駆けずり回っていると、
やっと、 
私に付いてきて!
と、声をかけてきたインド系の若い女性スタッフ。

外から回って、その場所に向かう途中、
あなた、私にメールくれたでしょ! と、笑って言います。

インド系の名前なので
覚えきれなかったけど、苗字だけは覚えていたので マシュ?と聞いたら イエス!

ああぁ!入館証をすぐ、送りますと、返事をしてくれた・・・あの人だ!!

わたし、ミスっちゃったのよ~・・・と、笑って言ったけど、通じたかな・・・

そのあと、Thank you としか、言えなかった~~!!

今後、何回かの年末大掃除を繰り返していくうちに、

これを無くしてしまいそうな気がするけど、そのときは、こんな思い出も
なくなってしまうんだろうなぁ・・・





Welcome pack
[PR]
by mtm-am | 2013-11-13 12:52 | other | Comments(0)

コッツウォルズ     the Cotswolds

道があります・・・!
What a road…!
c0095308_2195659.jpg


左にカメラ 引きます・・・白い看板はウィリアム・モリスが住んでいた家だそうです。
The left house hung on white sign is said William Morris’s house.
c0095308_21104937.jpg



デザインの勉強など、志したことのある方は・・・
ひそかに 彼のパターンを一度はコピーしたことが
あるかも知れません^^

もう一度 道 の写真に戻って、次に右にカメラを移動させます。
未だに こういう川が流れているのです!
There is still beautiful stream on the right side!
c0095308_21112151.jpg


そして、川を渡ると、
And then across the stream…
c0095308_21122617.jpg


こんな風景が・・・! はやる気持ちを抑えて
c0095308_21131411.jpg


看板にも注目。
See the plate of The National Trust

“ナショナル トラスト”
c0095308_21135637.jpg


自然も歴史的な建造物も、ボランティア団体によって守られているんですね~

A面につづく・・・     to be continue...
[PR]
by mtm-am | 2013-11-03 21:21 | wander | Comments(2)