タグ:日本 ( 11 ) タグの人気記事

記憶すべき日     Memorized days

遠くに住む友人が お花の展示をするという・・・113.png
いつも、コンテンポラリー・アートのような
作品を発表するので、楽しみにしていました。
c0095308_17225135.jpg
それに 合わせて 他の友達にも久々に会ったので、嬉しかった♡110.png
c0095308_17283066.jpg
同じ時期に、弟が父の米寿祝いをネタに
その近くの温泉に行く計画を立ててくれたので、101.png
両方楽しめることになり、
こちらも 長く 楽しみにしていたのでした、、、。
(10月21日~22日、きっと、台風も来ることなく 良い季節だと思うョ~~)

ところが なんと、それは キタ~ッツ!106.png
台風21号!!

温泉の周辺は 秋の木々が色づいていたはずなのに、毎日が雨。
一歩も出られず、すべて含めて 記念すべき日となりました。112.png
c0095308_17255827.jpg

[PR]
by mtm-am | 2017-10-24 17:34 | wander | Comments(0)

絶対・・・

 今朝の新聞記事に“絶対フォント感”がある人の話が出ていました。
フォント=書体とか字体 ですね。

駅の案内板とかの文字を見て、すぐ、フォント名が
わかるのだそうです・・・・

 切り替えや変更があって、シールで直したりしている文字も、
同じ字体なのに、旧の 古い文字が使われていることに
すぐ、気が付いてしまうのだそうです。

絶対音感を持つ人とか、そういう、絶対モノが自分にも備わっていたら・・・♡

たとえば、絶対 編み記号感・・・長編み記号のバランスの
違和感がすぐわかるとか・・・102.png
c0095308_10180955.jpg
そんな話をしたら、家人は言った・・・
_オレは“絶対お値安感”というものがほしい_

確かに 買い物に必要ね~~105.png


[PR]
by mtm-am | 2017-06-14 10:19 | other | Comments(0)

ファウンド

桜が散ってしまうと、街の中を歩いていても、写すものが
なくなってしまったような気分・・・。

目黒区立美術館の帰り道、振り返ったら こんなビルが見えました。
スマホで、1枚!フェイスブックに投稿しました。

“ゆらゆらのビルが見えました!
I found (the)curled buildings!”

すると すごいね マークが・・・^^

えっ、まさか.... the が抜けていましたが、それで “ビルを設立します!”
てなことになってないですよね・・・

英語をきちんと、分かっていない者の ただのミスです・・・汗
いいわけ、通じないかな^^

c0095308_17003831.jpg

[PR]
by mtm-am | 2017-04-25 17:01 | wander | Comments(0)

ドラマが始まる予感・・・

今年は 早くから つぼみが膨らんでいたような・・・。

そのあと、なかなか 暖かくならず・・・

なんと、いつもの年より、遅い感じです。

4月5日の時点で まだ つぼみが たくさんありました。
c0095308_08191376.jpg
こんな写真から 春の“ドラマ”が始まります~!^^

偶然、こんな二人を見つけたもので~~
c0095308_08195503.jpg

2017年の花見のタイトルは “ドラマ”!

エンディングは きっと、こんな風景かも・・・^^
c0095308_08203062.jpg


[PR]
by mtm-am | 2017-04-06 08:21 | wander | Comments(0)

お正月過ぎたら・・・・ New Year's days have passed...


こんなものが、格安の価格になっていました・・・
“ユリ根” 鉢植えのために買ったのではなくて・・・。

Then, various vegetables became price down a bit, I think.
I got a packed lily's bulbs.
But I did not for planting it....^^

c0095308_21242413.jpg
菊の花 とか、ユリの球根を食べる民族って、
気に入っていて、そこで、わたし日本人です~!
なんて 奥ゆかしく 言ってみたい・・・。^^

今日(土曜日)は、鍋・・・の日、
だけど、その前に、ユリ根のグラタンでビール、ビール!^^v

Japanese eat a lily's bulbs, as favorite food!^^
Crysanthemam's petals, too!!

We cooked it gratin, and had together beer, yummy!
c0095308_21251893.jpg


[PR]
by mtm-am | 2016-01-24 21:27 | dishes | Comments(0)

出くわす     came across

最近、カメラを持たなくなりました・・・

出かけるときに、よっぽど、何か 撮るぞ~!
という意欲があるときは 別にして・・・

帰りは 食糧などの買い物をして重くなるのを知っていながら
重たいカメラなど持ちたくないし・・・

それに、

カメラを向けるほど、大げさなものを撮っていない・・・・^^

(これが一番の理由です~!)

というわけで、書き忘れましたが携帯で、
呼び止められたモノたちを、ピックアップしました。^^

よそのマンションの前にある変電ボックス
“なぜ、ピンクを塗ったんですか~?(謎)”
c0095308_20295735.jpg


(実家の)コンクリート地面^^
なぜ、こんなに割れた~?
c0095308_20331588.jpg



何度見ても、おもしろく見えるんです~~^^v
[PR]
by mtm-am | 2015-12-16 20:35 | other | Comments(2)

わたしのワインリスト73     my wine list 73

c0095308_1638132.jpg


 日付;2015年 10月4日(日)
名称; Okushiri Zweigeltrebe 2013
生産地;北海道奥尻郡 (日本)
生産者;奥尻ワイナリー
品種; ツヴァイゲルトレーベ 100%

Date; 5th, Oct, 2015 (Sun)
Name; Okushiri Zweigeltrebe 2013
Products; Okushiri Country (Hokkaido Japan)
Wine Maker; Okushiri winery
Variety; 100% Zweigeltrebe
Price;¥2,274


 何度も同じことを言っている・・・涼しくなって良かった~~
もちろん、ワインも、おいしい...

飲んだ後に甘みが残るものは、苦手だけれども・・・。

 ところで、今日のワインは・・・

夫が味見をして一言、“あぁ?~しょっぱくて酸っぱい!”
何かふざけていると思って、“じゃ、うめぼしじゃん?^^”
と、続いて飲んでみる・・・あぁ~~!ほんとだ!

 しかし、いやな味はしない。
山ブドウ系のワインで、こういうの飲んだことある…
これは、そもそもヨーロッパ品種 オーストリア産品種らしい。
厳しい土地で育った感がよろし。
ふくよかさとか、香りの余韻とか、
それは ないけれど マル○ 。
[PR]
by mtm-am | 2015-10-05 16:45 | Japanese wine | Comments(0)

無題...     untitled...

18きっぷの続き^^
5枚つづりなので、残り4枚。

温かいけれど雨の予報 が、みごとに、外れ、良い天気になった日。
 夫と北鎌倉から鎌倉散策。天気予報で計画変えた人がいたのだろうか、
どこ行っても、のんびり。
しかし 円覚寺から建長寺はとぼとぼ歩道を歩きましたが、長い人の列が続いています・・・
(混雑する時期はちょっと、うっとうしいかも・・・)

 建長寺ではハラハラと散る桜をスマホの動画で。^^これは写真↓

c0095308_10194563.jpg
 つるや さんの鰻を食べて満足して、腹ごなしに由比ヶ浜ぶらぶら。
駅前で干物を買って帰ってきました。^^
c0095308_10304021.jpg

 さて、その二日後、これで終了 青春18きっぷ2枚!で 水戸へ。

天気が悪くなる予報と入学時期で ぜ~ったい、美術館は混まない・・・
という予想どおり、水戸芸術館現代美術ギャラリーは ガラガラ。
それも、そのはず、朝から雪交じりの雨の日でした・・・>_<;
水戸も、東京も日中の気温3℃の日だったとか・・・
c0095308_10334331.jpg
そんななかで “山口晃展”は魅力的、不思議な空間を楽しむことが出来ました^^
 絵は 自分には理解できないものが含まれている方が・・・
いいな・・・(個人的感想^^)などと しみじみ・・・

帰り道、 それにしても、だれも外を歩いていない・・・^^
c0095308_10344876.jpg

 駅ビルの4Fに地ビール飲めるお店があって、
これまた "ご満悦" 気分。^^
アンバーエール
c0095308_10353251.jpg
常陸野ラガー
c0095308_10361074.jpg

終了。




[PR]
by mtm-am | 2015-04-11 10:48 | wander | Comments(4)

わたしのワインリスト58     my wine list 58

c0095308_15105469.jpg


日付;2012年 8月15日(水)
名称;セレクトルージュ
生産地; 日本(山形県)
生産者(メーカー名);天童ワイン
品種; カベルネソーヴィニョン 100%

Date; 2012, Aug 15th (Wed)
Name; select rouge
Products; Japan (Yamagata Prefecture Tendo city)
Winemaker; TENDO WINERY
Variety; Cabernet Sauvignon 100%
Price; about¥1,780


家に帰ってから、おみやげに買ってもらったワインを飲みました~^^
I had this wine came back home immediately!
I got it from my brother as souvenir.


弟に どれがいいか聞かれたので 自分で選びました^^
天童ワインは他にもいろいろありますが まず、なじみのある品種を!
サイトにはこの セレクトルージュ というのが出ていませんが
ラベルの感じは ほぼ、山形ルージュ と同じです。

わー!おいしい! というのか、素直にカベルネソーヴィニョンのかおりと味わい・・・!
輸入モノと比べると 雑物が少ない というのがわかります♪

弟の奥さんが作った手作りパンも一緒にいただきました♪

どちらも、やさしい味わいで・・・・しあわせな時間でした~!

This wine has a rich Cabernet Sauvignon flavor and a simple taste of it!
[PR]
by mtm-am | 2012-08-16 15:17 | Japanese wine | Comments(0)

わたしのワインリスト 33     my winelist 33

何にでも、めずらしい、おもしろいものは、あるものですね!
って、酒かい?と言われてしまうと、それまでなのですけれど。^^
そうおっしゃらずに見てみて!!栓がコルクではなく王冠なんです。

I think whatever has a rare thing and an interesting that.
As you see this wine’s cap is not a cork but a crown cap.


c0095308_10404945.jpg

日付; 1月 16日(金)
名称;サン・スフル 2008
生産地;山形県、日本,
生産者;タケダワイナリー
品種;山形県産デラウェア 100%

Date; January 16, (Fri)
Name; Sans Soufre 2008
Products; Yamagata-Prefecture
Winemaker; TAKEDA WINERY
Variety; Delaware (products at Yamagata in Japan) 100%
Price; ¥1,820


開けてみます、シュポッ!
確かに発泡とラベルに書いてありましたが、この勢いにしばし、呆然・・・^^;

Now I opened it!
I was stunned at force of froth flooding!
It’s surely written on ravel “Sparkling” though.

c0095308_10412912.jpg


あわててグラスに注ぐも、次々とアワが溢れてきます~
何度もグラスを口に運びながら忙しいね~~などと、嬉しがりました^^

I hastily drank it again and again.
I felt I was happy then!


デラウェアという食用の品種なので、甘味がありますが、おいしい~っ!!
無添加だし、お薦め!

Its variety is Delaware that everyone almost eats, was sweet and very good taste!
And I recommend it by the reason of additive-free too.

c0095308_1042112.jpg


だけど、もう、完売したそうで、2009年の10月末まで待たなければなりませぬ。

But it seemed already sold out,
so we must wait it till the end of Oct. 2009!

[PR]
by mtm-am | 2009-01-19 10:48 | Japanese wine | Comments(0)