人気ブログランキング |

地域地図     a local map

ぶらぶらしていたら、なんだか、きれいだったので。
写真を撮ったら、通りがかった人に
不審がられてしまいました・・・
c0095308_09140657.jpg
最近のデジタルっぽいのに比べて、手作り感があります。
中味も うーん、微妙に古い・・・
日本によくある一般的な地図で
通り名などなく、どちらかと言えば
個人情報・・・・

出しているのは、商売上の理由からなのでしょう。

まじめに 見てみると・・・ちょっと、
わかりづらい・・・
東西南北は関係なさそうです・・・。
このような地図、まだ、他にもあるかしら・・・?

     

# by mtm-am | 2019-09-18 09:16 | wander | Comments(0)

夏休みは・・・

夏休みが終わって、もう10日も経つのですね・・・
それにしても、いつまでも 暑い・・・!

今年の夏休み小学生手芸教室はいつもと、ちょっと、違いました。

1日で終了、“フェルトのアクセサリーを作る”というもの。
3回ありましたが、毎回違う小学生たちと、人数でした。

それに 同じアイテムを作るのではなく好きな色のフェルトを自由に選んで、
好きなアクセサリーを作り、自由にパーツを選んで
自分の好きな形にデコるのです。110.png

それぞれに型紙と説明書、
1個めは、みんなで同じものを作り、要領がわかったところで、自由に好きなものを
作りました。
c0095308_11571014.jpg
手の小さい1年生には、ちょっと、手を貸してあげて、“持ってて
あげるから、結ぶところは、自分でやってみて~”・・・そんな感じで。

分からない所は、あっち、こっちから声をかけて聞いてくれました。

目を輝かせて、集中して作る姿が素晴らしい!

仕上げは たくさんビーズやキラキラのデコパーツ、
(パールやダイヤモンド113.png)を自由に選んだヘヤー・ゴム、ヘアー・パッチンや
ブローチ台、ピン止めなどに 止めます。

好みのアイテムやビーズを選ぶ手助け係と、
グルーガンでそれを 好みの位置につける係のわたしと
大人は2人、
子供たちのパワーに押されっぱなしでした。105.png

その回ごとに、個性が違って、おもしろい。

この写真の時は、作品を撮らせて~、とやっと撮影が出来ましたが・・・
c0095308_11581463.jpg
c0095308_11572707.jpg
c0095308_11574030.jpg

c0095308_11580234.jpg
c0095308_11583120.jpg
他の回では、そんな余裕はなかったのでした・・・。
人数が少ないと 余裕ができるかというと、そうでもないんですねェ。

作り方の要領がわかって 調子が出た頃が、ちょうど、
終了の時間になるので、みなさん、なかなか 机を離れることが出来ません!
 “もう、終わっても、いいかな~?”
  “まだぁ~”
みーんな、キラキラが 大好き!!!

c0095308_11575267.jpg




# by mtm-am | 2019-09-10 12:04 | other | Comments(0)

あっ、思い出した・・・

テレビの画面に映る、 海に浮かぶプラスチックごみ・・・
わたしたちの、便利な生活が及ぼした環境破壊・・・
つらいなぁ・・・

日本はまだまだ遅れているかもしれない・・・

6月に出かけたパリでは、
どんな買い物をしても、袋はない。
わかっていたので、布の袋はいつも携帯していたけれど・・・

バスで遠出した帰りのサービスエリアでつい、
あれこれ、1000円位の買い物をして うっかり“袋ください”などというと、
立派な紙袋を1ユーロ近い値段で渡されるので、あわてて、断ったりしました・・・

蚤の市で買い物いた時は、新聞紙に包んでくれたので、
子どもの頃を思い出した・・・
それで良かったんだよね。

この袋は、帰りの空港で 小さいお金で水やお菓子などを買って、
お店の人が 袋要る? と出してくれたので、うっかり入れてもらったら、
レシートに値段が入っていた・・・20~30円だったと思う。
c0095308_09094744.jpg
回収ゴミを入れるのに たまたま出てきたので、
いろいろ 思い出してしまいました。110.png

何が書いてあるのが、単語を調べてみたら・・・

“一緒に
続けよう
言論出版の自由!”

あぁ~、パリの出版社がテロリストに襲われた事件がありました・・・137.png



# by mtm-am | 2019-09-05 09:12 | other | Comments(0)

また、来た…

何年か前にフェイスブックのメッセンジャーで
よその国の男性から画像貼り付けて、“これ、あんたなの?”
というメールが届きましたが、画像が見ることが出来なかったので、
“開けませんでした”と返しました。

その何日か後、今度は女性から、あなたの名前で画像が届いたけれど、
送った?(どうも、よろしくない映像みたいだけど、)
そうじゃなかったら、
あなたのフェイスブックはハッキングされているかもしれない・・・
わたしも、以前、そんなことがあったから・・・

みたいなことを
教えてくれた方がいたので、あわてて、フェイスブックに
“わたしは、ヴィデオを作る時間も送る時間もないから、
わたしが送ったものではないので、気を付けて!”と貼り付けておきました。
すぐ、わかったわ!とかOK!とか 返事をいただいて、安心していたら、、、

忘れた頃にまた、来た。143.png
こんな表紙らしい。
c0095308_10262143.jpg
確かにわたしの編み物。

すぐ、わたしは作っていないので、気を付けて!と送る。

次の日、別な人からも届く。ウィルス対策が どうたらなので、
開けるのはやめたけど、気になる言葉が・・・

“あなたが映っているわよ!”
えっ! よろしくないヴィデオに、わたしでてるのォ?149.png


# by mtm-am | 2019-08-30 10:31 | other | Comments(0)

お店     a shop


6月、方向音痴対策をして、


地図を見ながら、やっと、辿り着いた 
手芸店“ラ・ドログリー”パリ本店。
特に欲しいものもないけど、記念に一つ。
c0095308_15182266.jpg
c0095308_15181052.jpg
原宿にも お店があって、だれかの作品展を見に行ったときなど、
ついでに 何度か伺ったことはありますが、、、遠いところに
行く感じが、なぜか、はんぱない・・・。119.png

最近、ハンズ・バーゲンで池袋へ。
(池袋へは出やすい。それでも、昨年は暑くて、めげたけど。)

その前に、駅からすぐのデパートの7Fの催事場へ行って、
何も欲しいものもないので、戻ろうとしたら、
おやぁ~~?
なんと、“la doroguerie(ラ・ドログリー)”の出店があるではありませぬか~~

忙しがって、あまり チェックしてませんでした・・・。103.png

ここでも記念に一つ。細いキッド・モヘアを・・・
c0095308_15175800.jpg
そのときは、ショールでも作ろうかと、思いましたが、
ありふれた色選び・・・に少し、後悔しています。
127.png

# by mtm-am | 2019-08-26 15:25 | Tokyo walker | Comments(0)

写真     photos

特別、意識したりせずにシャッターを押してしまった写真が多い。

スマホは自動で現地時間が残っているので、いつ撮ったのか
よくわかる。

シャルル・ド・ゴール空港2F到着ロビーから、
バス乗り場3Fを探しているのに、なぜか
フランス語を話すお兄さんたちに付いて行ってしまった・・・
下りですね...。_良い子はマネしないでください。
c0095308_19544314.jpg
彼らは出口へ向かったようで、わたしはもう一度、
上がるエスカレーターで3Fへ!

無事、パリ市内へ向かうバス乗り場を見つけることが出来ましたが、
到着から、すでに30分経過。105.png_17:40分

バス乗車券の自動販売機があります・・・が、ここでは買わなかった・・・
c0095308_19542787.jpg
マシーンが故障している場合があるので、バスの運転手さんに直接、払った方が
良いと、聞いているから・・・。129.png

19:36分無事到着、安ホテルの入り口。
c0095308_19540266.jpg
以前、ストリートビューで出かけて見たのと同じだ~!



ホテルの近くで買い物した帰り道・・・これで、夜の20:09分
この先 右側にホテル・・・。
c0095308_19535491.jpg

ビールと水とヨーグルトとサンドイッチを買って、なぜか、冷蔵庫の上に。
このホテル、ドライヤーがないのに、レンジがある・・・。
c0095308_19541101.jpg
これ↓、シャワー室 90平方センチメートルくらいのスペース・・・
石鹸とか、シャンプーの置く場所が無くて 使いづらかったな。
c0095308_19541962.jpg
ホテルの表は↑のストリートビューと同じですが、
となりの洋品やさんは 日中もシャッターが閉まっていたようです。

わたしの部屋は 通りの反対側で、よその家の裏窓が見えました。
これで、夜の20:34分。
c0095308_19543636.jpg

# by mtm-am | 2019-08-20 20:06 | other | Comments(0)

朽ちていくもの・・・

はるばる遠い国に行って何を見てきたのか・・・・

特に宗教に興味があるわけではないのですが・・・
これは理解できます。
最後の審判 です。
(天国に行けますように・・・)
c0095308_13494806.jpg
c0095308_13565442.jpg
普通は教会の内側に描かれていますが、ルーマニアのスチャバ
(あるいは ブコヴィナと呼ばれているところ)には、
こうした外側に描かれたものが多く残っています。
 ここはヴォロネツというところの聖ゲオルギ教会。
(1534~35年)に描かれたものらしいです。
ラピスラズリ(鉱石)を使って描いてあり、ヴォロネツ・ブルーとして
有名なんですって。
ユネスコに登録されている、とは言え、
雨ざらしと直射日光で、場所によっては消えています。
c0095308_13495820.jpg
2日目の パトラウツィの聖十字架教会(1487年)。
c0095308_13492717.jpg
このおじさんが 鍵を持っていて、わたしたちのために開けてくれました。

隣の倉庫に上がらせてくれましたが、蝙蝠の糞で汚れています。
それでも ちっとも、気にかけていないようです・・・。
c0095308_13484222.jpg
c0095308_13550207.jpg
c0095308_13485956.jpg
わたしたち日本人は帰りの車の中で、大心配。

もう少し 大切にした方が、、、いや、
この朽ちかけた美しさ・・・が 良いのではないだろうか・・・。
修復などする必要は ほんとうに、必要なのだろうか・・・
などと 勝手な意見を言い合うのでした。

_見ることが出来て ありがたかったです。_




# by mtm-am | 2019-08-15 13:58 | other | Comments(0)

暗さは心に残るか・・・

27年前、1月7日・・・・は前にも書きましたね。

パリのメトロ、シテ島のシテ駅に降りました。

メモによると、地上に出るのに4階分位、階段を上った・・・とあります。
ホーム全体が暗い。
c0095308_21230676.jpg
ひたすら、階段を上った・・・
c0095308_21225812.jpg
27年後は、どうなったか・・・

そう思っていたはずなのに、証拠写真は撮れませんでした。
観光シーズンで人が多いのと、自分が向かう場所を確認するのに
必死で、
・・・撮影する余裕などなかったのでした・・・。

しかし、この暗さ・・・なぜか心に残ります・・・

↑は 昔の写真をスキャナーに取り込んだので、
これでも、ずいぶん明るく見えています・・・

現在は、エレベーターが設置されていて、
階段は上らなくても地上に出られたのと、 
ホームも地下も全体が明るくなっていました!

そればかりでなく季節的な理由もあるかもしれませんが・・・
地下通路で 物乞いをする人も 居なくなっていました・・・
*****

地上はめっちゃ、明るい。
c0095308_21232382.jpg
だけど、あの暗さを 思い出します。120.png



# by mtm-am | 2019-08-08 21:28 | wander | Comments(0)

乗り物     the vehicles

つい、つい 目で追ったりしませんか?

これもポン・レヴェックで。
信号を渡るのを止めて 少し撮影することにしました。

c0095308_19222750.jpg
お巡りさんの隊列なのか、同じ制服のオートバイ、
気が付くのが遅いので、いつも、終わりの方を写すことになります、、、。
c0095308_19223716.jpg
それと、こんなふうに荷物を積み込めるトラクター。
パリ市内では見かけませんでしたが、さすがノルマンディー。
c0095308_19221258.jpg
ああぁ・・・
昔、社会科で習った “フランスは農業国” を実感しました。
うらやましくもありますね。食べる物を輸入に頼らないんですよ・・・

こちらは、世界に誇る観光地パリ市内。こんな形のバスが走っているなんて、
ガイドブックを見落としたかな~・・・113.png
c0095308_19214749.jpg
屋根のない2階建てバスか・・・
これは、あんまり、羨ましくもないかもしれない、かな。
c0095308_19215862.jpg
疲れるけど、地図を見ながら、うろちょろしてるのが、
おもしろいんですよ~。
近づいていると思いきや、遠のいているって、
もう、自分の足が(いや方向認識か?)、 あまりにも宇宙的~。128.png

# by mtm-am | 2019-07-27 19:28 | other | Comments(0)

きっかけ


何事にも、始めようとするきっかけがあります。
あとで、考えると 取るに足らないちっぽけな理由で、
思い出すことさえ、難しかったりして・・・。

須賀敦子さんの、2007年に文庫化された、4巻。
ご自分で読むキッカケになった本などが紹介されています。
さらに それを読んで、わたしも読書のきっかけに。

以前には、
E.M フォースターの“天使も踏むを恐れるところ”(白水Uブックス)
と、アガサ・クリスティ“さあ、あなたの暮らしぶりを話して”(早川文庫)など
読むきっかけになりました。
E.M フォースターは ドはまりして、 その他も図書
館で借りて読みました。

最近、また・・・読みたいものを見つけました。

フローベルの“素朴な女”。
「半世紀もの間、オーバン夫人の女中フェリシテは、
ポン・レヴェックの奥さんたちにとって羨望のまとだった」
このポン・レヴェック、
先日の旅行で、モン・サンミッシェル ツアーに参加した時、
ちょっと立ち寄った 中世ノルマンディーの雰囲気が残る、小さな町なの
です。
わたしの持っている地図帳を見ても出ていない・・・ので、
町の案内図。赤い丸がポン・レヴェック
c0095308_12255505.jpg
下の青い国道のような線を左に進むとモン・サンミッシェルで、島には
車は入れません。

たぶん、この小説に この町の名前はもう、出て来なさそうだけど
読んでみようと思っているところ。
c0095308_12252618.jpg
静かです。
c0095308_12263864.jpg
町の教会ものぞいてみました。
c0095308_12254295.jpg
どこにでも ありそうな町ではあるけれど。





# by mtm-am | 2019-07-17 12:33 | wander | Comments(0)